週刊ボケ老人   





建築家の人って、「老人施設」とかあんまり作らないですね。メガネは作ってるんですけどね。

ゼネコンさんや工務店さんとかが主にやられているんでしょうね。

実情は分からないんですけど、確かに作るとしても、高齢者だけ集めた施設的なものになっちゃうとそこから発展しないんでしょうね、なのでそういう仕事はあんまり受けたくないんでしょうかね。本音はどんな感じなんでしょう。まあ仮に建物をこしらえても、よく言われるコミュニティだのアクティビティなんて言葉はご老人相手にはリアリティを持ち得ないんでしょうね、ちょっとデリケートな問題ですが。ご老人を同じ場所に固めてしまうと、やっぱり澱む一方ですし、山本理顕あたりが何かやってもおかしくないと思うんですけどね。

しかし、今じゃ老老介護もあれば、認認介護なんてのもあるんですね。認認介護は、認知症同士で介護し合うという、これはもう、なかなかに世知辛いです。もう悲しすぎますね。引いては孤独死ですよ。悲しさついでに、老人ホームでは、場所によっていじめがあるらしいんですよね。陰でつねったり、裏で叩いたり、車椅子倒したりと、しかしまあ、いじめっていくつになっても無くならないんですねぇ。暴走老人の仕業なんでしょうか。今じゃ若者並みにキレる老人もいるそうですし、最近では老人同士の事件もありますし。







週刊ボケ老人









[PR]

by troc-choid | 2009-07-29 22:36 | レビュー

<< マドラー 再開 >>